顎 ニキビ 治らない

顎ニキビが治らない原因と対策

顎ニキビは長期間治らないことが多いですね。
痛みも強く、見た目も気になるため外出するのも嫌になってしまいます。
そんな顎ニキビの原因について調べてみました。

 

まず最初に顎ニキビはどんなものかご存知でしょうか。
顎ニキビは大人ニキビとも言われ、顎やフェイスライン、首元や口元などに出来ます。
中高生などの思春期にできるニキビとは原因が違うため、
ニキビのできる場所も変わってくるのです。

 

顎ニキビの原因の一つにホルモンバランスの崩れがあります。
大人ニキビは、年齢的にもホルモンのバランスを崩しやすい年頃にできてきます。
加齢と共に誰でもホルモンバランスは崩れてきますからね。

 

ホルモンバランスの崩れは一般的に、ストレスが原因だといってよいでしょう。
会社やご近所との人間関係をはじめ、環境の変化や仕事の変化などが関係してきます。
そして睡眠不足は体調不良とも関係してきます。

 

女性は特に女性ホルモンが乱れると影響を受けやすく、月経前症候群も
ニキビのできる大きな要因だと思われます。

 

女性ホルモンは一生のうちにティースプーン1杯ほどしか分泌されません。
そんなスプーン1杯のホルモンが影響するという事は、
人間はとっても繊細だということですね。

 

もちろん顎ニキビの原因はほかにもたくさんありますが、
大半の顎ニキビが治らない原因はホルモンバランスの崩れ(特に女性ホルモン)が
原因かと言えるでしょう。
規則正しい食生活をして、綺麗なお肌を手に入れましょう。

ニキビを潰すと早く治るの?

ニキビを潰すと早く治る、と聞いたことはありませんか?本当にニキビを潰すと1日でニキビは治ってしまうのでしょうか?

 

まず、ニキビを潰すにはそれなりにリスクがあるということを知っておきましょう。
ニキビを潰すと毛穴が痛み、毛穴が破れる可能性もあります。
そこに跡が残る場合もあるのです。
その傷から雑菌が入り、さらに酷い炎症を起こす可能性も疑いきれません。

 

またニキビを単純に潰す、と言ってもかなり素人には難しい方法です。
セルフケアとして押し出したいのであれば、毛穴からニキビの芯をそっと取り出す必要がありますが、
プッシャーと呼ばれるアイテムでそれが可能となっています。

 

しかしそれを使ってもなかなかうまく芯を取りきれるという保証はありません。
中途半端に芯が内部に残ってしまい、結局ニキビが治らなかったという人が半数以上いるのです。
もしニキビを潰したいと思うのであれば、皮膚科を受診し、潰してもらうのが良いでしょう。

 

 

どうしても今日、今、ニキビを潰したいという場合、プッシャーをニキビにセッティングし、
芯を押し出すようにし、芯をピンセットで取り出すとOKです。
後は軟膏などを塗って、ニキビケアを行いましょう。

 

しかしこの方法が通じるのは白ニキビだけで、黒に変化してしまってはもう無理だということです。
力任せにニキビを潰すと周辺の皮膚まで傷つける恐れもありますし、悪くすればクレーターになってしまう可能性もあります。
中身だけをキレイに芯だけ素人が取り出すのは至極難しいということは覚えておきましょう。

 

まだ白ニキビの段階だと洗顔やスキンケアで治る可能性がありますから、
日ごろから自分の顔と向き合って、ニキビの気配がないか探っておきましょう。
白ニキビを発見したら、すぐにセルフケアが出来るようにしておくと良いですね。

 

もしニキビが悪化してきて、膿みが出そうだという時こそ、潰してはいけません。
バンドエイドなどを貼って、自分から触らないよう、自然に潰れるのを待つか、もしくは皮膚科を受診するかどちらかにしましょう。